PRK手術

レーザー屈折矯正手術の適性ではあっても、角膜の厚さやドライアイなど検査結果によってレーシックではなくPRKの方が良い結果が得られる場合があります。

角膜上皮を除去。 角膜実質層が露出さ
れ、レーザー準備完了。
エキシマレーザーを
照射して角膜を矯正。
保護コンタクトで角
膜をカバー。

PRKとは?

PRKはレーザー屈折矯正手術として、かつて最も一般的な治療法でした。1980年代に実施され始め、現在においても高度の安全性と有効性を保っている治療法です。1990年後半にレーシックが盛んになると共にPRKはあまり行われなくなりました。レーシックに比べて回復時間が遅いにも関わらず、PRKは多くの利点と共にレーシック以外の選択肢として勧められる場合があります。 レーシックとは異なり、PRKではフラップを作成しません。その代わり角膜に直接エキシマレーザーを照射し、形状を変えて必要な視力矯正をします。



PRKが望ましい場合とは? 以下の場合、担当医がPRKを考慮します

  • -6.00D以下の近視で角膜が薄い場合。
  • 過去に再発性角膜びらんや角膜ジストロフィーを患ったことがある場合
  • 治療困難なドライアイがある場合。
  • パイロットなど特殊な職業についている場合。
  • 緑内障がある場合。この場合は緑内障専門医の診断が必要です。

PRKの長所とは?

  • 半永久的な屈折矯正治療。
  • 合併症が少ない
  • 麻酔注射も縫合もなし。麻酔点眼のみ。